その16:実務家の書いた英文一考(4)

執筆者:関根幸雄(広島修道大学名誉教授)

英語の使い方について、よくある間違いを取り上げてみます。

We would like to recommend you Model GX200.
(貴社にGX200型をお勧めしたい。)

recommendとは「~を勧める」という意味なので、We would like to recommend Model GX200 to you.またはWe would like to recommend to you Model GX200.としなくてはなりません。introduceも同じ用法なので、We would like to introduce Model GX200 to you.またはWe would like to introduce to you Model GX200.となりますので、気をつけるようにしましょう。

We enclosed our catalog and price list.
(当社カタログと価格表を同封します。)

同封したのだから過去形のenclosedにするのではと思いがちですが、英語ではWe encloseと現在形にするか、アメリカ用法のWe have enclosedと現在完了形にします。また、We are pleased to encloseと表現することもできます。

同様に、We accept your order as follows:(貴社注文を次のとおり受諾します。)、We confirm your order as follows: (貴社注文を次のとおり確認します。)も現在形が用いられます。

実務家も間違えやすいミスって、実はいっぱいあるんじゃぞ!

【PR】貿易実務検定®オフィシャル通学講座を受けてみませんか?

貿易実務検定®のオフィシャル通学講座が東京で開催されています。
  • C級対策は貿易実務初級講座
  • B級対策は貿易実務中級講座
  • A級対策は貿易実務上級(書類作成)講座
となっています。
貿易実務検定®必勝の王道です!ぜひご参加ください。