その17:実務家の書いた英文一考(5)

執筆者:関根幸雄(広島修道大学名誉教授)

A discount of 15% should have been applied on a purchase of over 100 units.
(100台以上購入すると15%の割引が適用されることになっていたはずです)

英文にはover 100 unitsとありますので、100台は含まれず101台以上となります。一方、和訳では100台以上とあり、100台が含まれることになり、英文と和訳とで意味が異なることになります。この文面からは、書き手は100台で15%の割引が適用されると思っていたようで、over 100 unitsの解釈を間違えたことになります。国際ビジネスコミュニケーションでは、相手が非英語圏の場合もありますので、100 units or more(100台以上)と表現したほうが無難でしょう。

We would be happy if you send us the catalog and a quotation for the above models.
(上記モデルのカタログと見積もりをお送りいただければ幸いです)

この英文は丁寧な依頼文なので、We would be happy if you would(またはcould) send us ~とする必要があります。このwould(またはcould)とはWould(またはCould) you ~?というニュアンスがあるようです。インターネット上には、We would be happy if you will(またはcan)という英文も散見されますが、時制の一致により、このwill(またはcan)はwould(またはcould)とするのが基本です。

今回もミスの事例紹介じゃったな。!

「貿易実務関連スキルアップメルマガ」を無料で購読!

「貿易実務関連スキルアップメールマガジン」は、マーケティングを学習したいと考えている方々のために、スキルアップのためのお役立ち情報を随時無料配信するメールマガジンです。 貿易実務検定®の申込み開始や通学講座のご案内、その他内容盛りだくさんでお送りいたします。

もちろん登録は無料です!