その5:ファーム・オファー

執筆者:関根幸雄(広島修道大学教授)


ファーム・オファー(確定申し込み)を行う場合の例文を取り上げます。

In order to clear our stock, we make you the following firm offer:
1,000 sets of Desktop PC’s, Model No. 1 US$500 each
This special price is quoted on an FOB Yokohama basis for December shipment, subject to your reply received here not later than October 31.
当社の在庫一掃のため、下記のファーム・オファーをいたします。
モデル1型デスクトップパソコン 1000台 各500米ドル
この特別価格は、FOB横浜ベースで12月積みで見積もられており、10月31日までに当地で貴社回答を受領することを条件とします。

ここでのポイントは、

  1. 「ファーム・オファーをする」は、make you a firm offerやmake a firm offer to youとなります。
  2. 「FOB横浜ベースで」は、on an FOB Yokohama basisとなりますが、Fが母音のため、anとなるので、注意してください。「CIF 横浜ベースで」は、on a CIF Yokohama basisとなります。
  3. 「12月積みで」は、for December shipmentまたはfor shipment in Decemberとなります。
  4. subject to…は、「~を条件として」という意味です。
  5. not later than October 31は、「10月31日までに」という意味で、その日を含みます。日常的にはbyですが、その日を含むのか含まないのか誤解が起きないようにするためです。
正しい英語の表現で、トラブルのないしっかりした売り込みをしたいもんじゃな。

【PR】DVDやeラーニングの動画で貿易実務検定®対策したい方はこちら!

DVD・eラーニングで講師の動画を見ながらじっくり学ぶ「貿易実務講座」もございます!

新貿易実務講座と同じく貿易実務検定®C級・B級合格に直結した内容を、ビジュアルたっぷりに学ぶことが出来ます。

ご自宅のテレビでDVDで見るプラン、PCやスマホ・タブレットでeラーニングで見るプラン、そして両方まとめて大満足なプランもあります。

「貿易実務初級講座」はC級対応、「貿易実務中級講座」はB級対応です。両方まとめたお得な「完全パック」もございます。