その6:ファーム・オファーへの回答

執筆者:関根幸雄(広島修道大学名誉教授)


ファーム・オファー(確定申し込み)に対して、船積時期の変更を求める場合の例文を取り上げます。

We will accept your firm offer if you can make shipment in November. We look forward to your favorable reply by return e-mail.
もし11月に船積みできるのであれば貴社ファーム・オファーを受諾いたします。折り返しメールにて、よい返事をお待ちしております。

ここでのポイントは、

  1. ファーム・オファーは無条件で受諾すれば契約は成立しますが、条件変更を求める場合は、買手からの新たな提案となります。
  2. If you can make shipment in November, we will accept your firm offer.とも書けますが、交渉ごとなので、上記例文のとおりWe will accept …と書いたほうがベターだと思いますし、さらにWe are ready to accept …とも表現できます。
  3. 11月船積みでも、早くしてほしい場面では、if you make shipment by the first available vessel in November (11月に利用できる最初の船で)と表現することができます。
  4. よい返事は、a favorable reply(色よい返事)としました。
  5. 折り返しの意味でby returnがありますので、その応用としてby return e-mail(折り返しメールで)としました。
条件変更を求めるときはなおのこと、文書表現に気を配りたいものじゃのぅ。

「貿易実務関連スキルアップメルマガ」を無料で購読!

「貿易実務関連スキルアップメールマガジン」は、マーケティングを学習したいと考えている方々のために、スキルアップのためのお役立ち情報を随時無料配信するメールマガジンです。 貿易実務検定®の申込み開始や通学講座のご案内、その他内容盛りだくさんでお送りいたします。

もちろん登録は無料です!