その10:注文

執筆者:関根幸雄(広島修道大学名誉教授)

注文

試験的注文をする場面の例文を取り上げます。

We are pleased to place a trial order with you for 100 units of Digital Printer XP. We will place regular orders in the future if this initial order is fulfilled to our satisfaction.
(デジタル・プリンタXP 100台の試験的注文をいたします。この初回注文が当社の満足がゆくように履行されるのであれば、今後定期的注文をいたします)

ここでのポイントは、

  1. 「~に試験的注文をする」はplace a trial order with ~となります。見本と同等の商品かどうか、まずは試験的注文をする場面を想定しました。なお、「~に注文をする」はplace an order with ~と、いずれもwithを使います。
  2. 初回注文が満足のゆくものであれば、今後定期的注文をすると前向きな内容にしました。初回注文は、first orderとも書けますが、initial orderのほうがビジネスらしい感じがします。
  3. 「履行する」はfulfillのほかにexecuteもあるのですが、executeには別の意味があるため語感がよくないという意見があります。ただし、executeは契約書等では「署名する、締結する」の意味で使われます。
  4. 「当社の満足がゆくように」はto our satisfactionとなります。同様な使い方として、to our mutual benefit(双方の利益となるように)もあります。
お互いが満足できる発注をするんじゃぞ

【PR】貿易実務検定®オフィシャル通学講座を受けてみませんか?

貿易実務検定®のオフィシャル通学講座が東京で開催されています。
  • C級対策は貿易実務初級講座
  • B級対策は貿易実務中級講座
  • A級対策は貿易実務上級(書類作成)講座
となっています。
貿易実務検定®必勝の王道です!ぜひご参加ください。