その9:値下げ依頼への回答(2)

執筆者:関根幸雄(広島修道大学教授)

値下げ依頼に応じられない場面の例文を取り上げます。

We considered your request for the fifty-dollar reduction each. However, we regret to inform you that we are unable to accommodate your request, because we offered you our best prices and our products have some unique features that others currently available in your market do not have.
(それぞれ50ドル値下げの貴社ご依頼を検討いたしました。しかしながら、当社は貴社に最善の価格をオファーしており、また当社製品は貴市場で現在入手できる他の製品にはないユニークな特徴がありますので、遺憾ながら、貴社ご依頼には応じかねることお知らせいたします)

ここでのポイントは、

  1. よくない知らせなので、we regret to inform you that ~としましたが、we have to inform you that ~とも書けます。
  2. 貴社ご依頼に応じられないは、we are unable to meet your requestともいえます。「~できない」ですが、日常ではwe cannot ~を使うものの、日本語でも「~いたしかねる」とあるようにビジネスではwe are unable to ~としたほうがよいでしょう。
  3. 当社の最善の価格our best price(s)をオファーしたとしました。当社の最低価格our lowest price(s)という言い方もありますが、文字どおり最も低い価格の場合となります。
  4. 他の製品にはないユニークな特徴は、our products have some unique features that others do not haveと表現し、さらにcurrently available in your marketをothersの修飾語句として挿入しました。
うまい断り方もマスターすべきじゃぞ

【PR】貿易実務検定®オフィシャル通学講座を受けてみませんか?

貿易実務検定®のオフィシャル通学講座が東京で開催されています。
  • C級対策は貿易実務初級講座
  • B級対策は貿易実務中級講座
  • A級対策は貿易実務上級(書類作成)講座
となっています。
貿易実務検定®必勝の王道です!ぜひご参加ください。