その14:実務家の書いた英文一考(2)

執筆者:関根幸雄(広島修道大学名誉教授)

今回は誤りではありませんが、注意したい表現を取り上げてみます。

We mainly deal with electronic devices and peripherals internationally.
(当社は主に電子機器と周辺機器の国際的な取引を行っています)

伝統的貿易通信では、deal withではなくてdeal inという言い方をします。deal withとは「(問題など)を取り扱う、~と取引する」という意味ですので、誤りとはいえませんが、真似をしないほうがよいでしょう。また、We are a dealer in electronic devices.とはいえますが、We are a dealer with electronic devices.とはなりませんので、deal in, dealer inと理解することをおすすめします。

He will soon start working at the New Jersey branch, where he will act as a team leader.
(彼はまもなくニュージャージー支店で勤務し始め、そこではチームリーダーを務める予定です)

この英文では、チームリーダーが複数いて、その1人という意味になります。チームリーダーが1人なのであれば、the team leaderとなります。どちらも英文として誤りではないのですが、aとtheとでは意味合いが異なりますので、使い方に気をつける必要があります。

微妙な表現もマスター出来ると、自信もってコミュニケーションできるんじゃ!

【PR】C級試験問題集が8版になりました!

待望のC級問題集の8版ができました!

貿易実務検定® C級試験の第67回から74回の本試験問題を掲載しています。